トップ » 会社の設立を税理士へ相談
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

依頼先の税理士を探す

サラリーマンとして働いている人は収入に対する所得税の納付を勤務している会社が代わって行ってくれるので税理士を利用する機会はほとんどないでしょう。しかし、最近はサラリーマンの中にも副業やサイドビジネスによって副収入を得ている人が多くなっており、副収入に対する確定申告が必要になる人も増えています。副業の確定申告を行いたい場合には、税理士に確定申告を依頼すればスムーズに納税処理をしてもらうことが出来るでしょう。特に本業の他に副業をしている人は忙しい人が多いので、依頼するメリットは大きいでしょう。

会社設立のサポート体制

会社設立までも手続きや費用など大変ですが、設立後の運営にかかる費用はご存知でしょうか。まず、設備代です。店舗や事務所の敷金や礼金、改装代、事務備品、オフィス機器などです。そして、業務を運営する資金です。商品の仕入れ代や人件費、通信費、広告費、光熱代などもそうです。一般的に3か月を賄えるだけの運営資金を用意する必要があります。業種によって更に費用が掛かる場合もあります。会社設立前にその点もしっかり用意が必要でしょう。