トップ » 今注目の飲食店の経営
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

狭い飲食店を経営するメリット

飲食店を経営したいと思った場合、きれいで広くてという様な店構えをしたいと考える人がたくさんいます。しかし、いきなり大きなお店を建てて勝負するよりも、小さいお店から始めると失敗する確率は格段に低くなります。小さいお店ならば当然最初に掛かる費用を低く抑えることができるので、その分他の必要なサービスに費用を回すことができます。また、小さいお店から始める場合、初期投資が低い分色々試しやすいのもいいところです。まずは、小さいお店で経験を積んでから、大きな飲食店を経営することを目指すのが逆に近道になります。

飲食店経営を成功に導くために

飲食店の経営者が絶対に忘れてはいけないことがあります。それは、従業員へ愛情を注ぐということです。よくお客さんの前で従業員に対し怒ることがありますが、それではお客さんに対しても従業員に対しても、愛情があるとは言えないです。もちろん怒ってはいけないということではなく、お客さんが帰ってから指導すればいいのです。従業員のモチベーションを上げるためにも、愛情を持って接することが飲食店の経営者には求められます。お互いが楽しく気持ちよく働く環境を作ることで、お店の雰囲気も良くなっていき、お客さんに伝わります。